Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

タグ:買い物 ( 8 ) タグの人気記事

エコバッグ持ってお買い物

モノプリのエコバッグがパリのお土産として人気のようですね。
1個0.8ユーロ。
現在のレートなら100円弱という手軽さ!
たしかにお土産としてたくさんの人に配るのならもってこいです。
f0210127_18124125.jpg

年によってデザインやカラーが変わるようなので、コレクター魂がくすぐられそうですね。
そんな点も人気の理由かしら?

横長の形がかわいいです。
生地は少し薄いようなので、例えば2リットルのペットボトル2本も入れるのはちょっと不安を感じるかも。
f0210127_18131846.jpg
f0210127_18133767.jpg


丈夫さでいったらこちら。
オットがいつの間にか買っていた、グランデピスリーのバッグ。
(私はどこに売っていたのかわかりませんでした。レジの近くにあったようです)
f0210127_18143595.jpg
こちらは10ユーロ。
エコバッグというよりはショッピングバッグといった方がいいかもしれません。
底板もついていて、とてもしっかりしています。

どちらも併用しながら役立っていますよー。

さてここで、
観光客らしく各お店で撮った写真がたくさんあるので、
だだーっと公開しましょう!

フランプリにて。
f0210127_18192615.jpg

f0210127_1819889.jpg


続いてBHVにて。
f0210127_18201965.jpg

f0210127_18203637.jpg


ラストはグランデピスリー。
f0210127_18211486.jpg
f0210127_18213033.jpg

こうして見ると、なんだかお買い物しまくったかのような錯覚に陥るのですが、
実際の我が家の買い物行動は、わりと控えめでした。
[PR]
by junnote | 2010-06-11 18:36 | 備忘録

「Royco」 フランスのカップスープ

ある日のランチ。

サンドイッチと、パリで買ってきたRoycoのカップスープです。
f0210127_20462227.jpg


f0210127_2047723.jpg
「l’indienne」とありますね。
インド風?

はい、カレー味でした011.gif
日清のカレーヌードルをクリーミーにしたような味です。
(‥わかるかしら?)
なのでなじみがあっておいしく食べられました。

一方、同じくRoycoの「pecheurs」というのも買いました。
えーと、漁師風?

はい、魚でした。
もろ魚!ちょっと魚臭さが強すぎるくらい。
お世辞にもおいしいとは‥ええ。あはは。

どちらも2ユーロくらいでした。
[PR]
by junnote | 2010-05-21 21:09 | 備忘録

10.7ユーロ

フランス語の勉強は旅行前から続けていました。
とはいってもラジオ講座を聞くだけ、必要にせまられてもいなかったので
のんびりしたものです。
f0210127_17155198.jpg

旅行中もとっさの一言が出てこなくて、
「よくできました→残念」で成績をつけるなら
完全に「残念」寄りでした。
f0210127_17164727.jpg
f0210127_17215652.jpg


今回、行ってみたいと思っていたところの一つに
街のいたるところで見られるファーマシーがあります。

薬局というよりドラッグストアに近いでしょうか。
かといってドラッグストアほどなんでもあるわけでもなく。
シャンプーや歯磨き粉、石けんなどがきれいなパッケージで売られています。
f0210127_17173035.jpg


なにしろしゃべれないし聞き取れないので、
買い物をする時は
できるだけ値段の書いてあるものを手に取り、
頭の中でだいたいの金額を計算してからレジに持ち込むという慎重さです。
(来店時の「ぼんじゅーる!」帰る時の「めるしー!」だけはしっかり言いますよー。)

f0210127_17181113.jpg

で、ホテル近くのファーマシーでお買い物です。
店員さんは先客となにやらお話中。
どうやら勝手に手にとってもいいシステムだったので、
ちょっとホッとしながらあれこれ探しました。

お会計は10.7ユーロ。
頭の中でしっかり計算してレジに並びます。

旅行中、何度目かの会計のシーンです。
これまで店員さんの言う金額を聞きとれたことはありません。

やっぱりね、少しでも成果を感じたかったのです。
相手の発言にはいつもすごく集中します。

そして、
「dix euros soixante-dix」

10ユーロ70って言ったーーー!!

‥なんだという話かも。
しかし、私にとっては大いなる一歩でした。

「話す」は残念
でも「聞く」はがんばったと思えた瞬間です。

f0210127_17201976.jpg
※10.7ユーロの成果。リップクリームは別。

いや、もっとがんばりますよ。ええ!

ランキングに参加しています。
応援のワンクリックをいただけるとうれしいです。 
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by junnote | 2010-04-08 17:28 | 備忘録

ボンマルシェで駆け足の買い物。

プランタンを出てからは、
メンバーそれぞれのお土産買いの時間とするために
二手に分かれて行動することになりました。

私とオットは昨日に引き続き、メトロでサンジェルマン・デプレ方面へGO!

こちらは左岸唯一のデパート
「Le Bon Marche(ル・ボンマルシェ)」」建物がシックなのです。
f0210127_2222839.jpg

このエスカレーター怖い!
f0210127_2225980.jpg
なんかむき出しなのですよ。

あまり時間がないので駆け足。
f0210127_2234768.jpg
キッチン雑貨のコーナーで、オリーブのスパチュラを買う。
(ボンマルシェで買うものじゃないような‥とも思えますが、
見つけた時に買わないと、チャンスを逃すのが旅の買い物なのです)


隣のグランデピスリー(食品館)まで見ました。
デパ地下が好きな人なら絶対にテンションが上がる場所です!
f0210127_2271797.jpg
f0210127_2273690.jpg


買い物後はボンマルシェ向かいの小さな公園で一休み。
f0210127_2281261.jpg

雲はさっきより厚くなってきました。
雨が降るのかな‥
f0210127_228363.jpg
白黒モードで撮ったような写真。

あぁ、ここにもメリーゴーラウンドが‥
f0210127_2291972.jpg

え‥‥?
f0210127_22101445.jpg

あら‥‥
f0210127_22223413.jpg

ディズニーさんとこに怒られません!?(←小さな声で!)


この場所「フィガロ」に載ってたような‥。
f0210127_22114449.jpg
ボンマルシェ界隈、絵になるなぁ。

メトロ
12号線 Madeleine → Servres-Babylone


「Le Bon Marche(ル・ボンマルシェ)」

24 rue de Sevres 75007 Paris
メトロ:Sevres Babylone 10、12号線


フランス語のHPはこちら(音が出ます) → 
[PR]
by junnote | 2010-03-12 22:30 | 4日目ボンマルシェ

オペラ通り界隈で贈り物を探す。

1月28日。
この旅も終盤に差し掛かりました。
この日のスタートは、オペラガルニエです。
f0210127_21181436.jpg

絢爛豪華な建物内部は見学可能です。
特にシャガールの天井画は必見ですよー!
f0210127_2118436.jpg
※天井画の画像は2007年に撮ったものです。

さて、
この日一番の目的は観光ではなく、
この春、仕事に一つの区切りを迎えられる、
旅のメンバーEさんへ、感謝のプレゼント探しです。

f0210127_21205465.jpg

それぞれの事情で、今回の旅に参加できなかったメンバーの思いもこめて、
パリの思い出になるようなものを贈ろうということになっていたのです。

Eさんが選んだのは、フランス人男性の必需品「携帯ナイフ」でした。

こんな。
f0210127_21225612.jpg

こんな。
f0210127_21232189.jpg

目星をつけていたお店が見つからず、4人でオペラ通りを歩きまわりました。
それも思い出。

日本人の店員さんがいるお店で道を尋ねたりもしました。
f0210127_2135216.jpg

f0210127_21271198.jpg

最終的にマドレーヌ通りのお店で選んだナイフは、
コンパクトだけどずっしりと重さがありました。
[PR]
by junnote | 2010-03-08 21:40 | 4日目オペラ界隈

雑貨屋さん、そしてトイレ問題

Rennes通りにある、楽しい雑貨屋さんで買い物をしました。

「La Vaissellerie(ラ・ヴェッセルリー)」
f0210127_155221.jpg
お手頃価格で、カフェオレボウルやカトラリーなど
パリのカフェで実際に使われているような雑貨を買えるお店です。

日本のフレンチ雑貨のお店のような、
洗練された雰囲気はここにはまったくありません。
f0210127_1574796.jpg
ポップで雑多!

品物はがちゃがちゃと積み重ねられ、
f0210127_1594675.jpg
しかも道路まではみ出しています。

小さなお店だけど、お客さんでいっぱいでした。
帰りの飛行機で壊れるのが心配で、
少ししか買い物できなかったのが残念。

さて、
修復中のサン・シュルピス教会の前を通り、
f0210127_1527472.jpg
ウィンドウショッピングを続けますが、

トイレに行きたくなりました。

パリ観光で必ず話題になるのがこの「トイレ問題」ではないでしょうか?
(確認はとってません)

行きたい時に、ないのです。
あってもキレイとは言い難く‥
いや、あるだけましで。

とにかく、この時はなかったのです。

近くの「GAP」に入り、
これまた近くのモノプリにあるということを教えてもらい、お店に向かいました。

そしてモノプリ店内。
すごくわかりにくい場所にそれはあり(もちろん案内はない)
ホントにトイレ?と思うような鉄の扉で、
しかも有料。

いいんですこの際、有料でも。

で、コインを入れる。

‥‥

扉あかない。

原因を追及する気も失せます。
そりゃそうです。まずは用をたすのが先ですから。

結局カフェに入りました。
f0210127_15523741.jpg
「Brasserie LIPP(ブラッスリー リップ)」

老舗です。
f0210127_15573510.jpg
トイレも使わせてもらえたし、
応対してくれたギャルソンさんも丁寧です。
短い時間の一休みでしたが、心底ほっとしました。

f0210127_160920.jpg

だいぶ疲れてきたので、ホテルに戻ることにしました。
今日も歩いた!

「La Vaissellerie(ラ・ヴェッセルリー)」

85 rue de Rennes 75006 Paris(他店舗もあります)
メトロ:St-Sulpice 4号線


フランス語のHPはこちら → 
[PR]
by junnote | 2010-03-06 16:31 | 3日目サンジェルマンデプレ

たまには、買い物の話。

オランジュリー美術館の次はメトロでシャトレ(Chatelet)駅へ。

地下から出てくると、まず存在感たっぷりの石の塔、サンジャック塔が見えます。
太陽の光があたって霞んで見えて、印象派の絵のような雰囲気でした。
f0210127_12281570.jpg
パスカルが大気圧の実験をしたことでも有名な塔です。

さて、St- Martin通りをポンピドゥーセンターへむかって歩くと
小さな扉のお店があります
「L'Ecritoire(レクリトワール)」f0210127_12491367.jpg

小さなお店の中に、封筒、カード、シール、など手紙グッズがたくさん並んでいます。
オリジナルのかわいいノートもあります。
f0210127_1253154.jpg

ここへはパリに行ったらぜひ買いたいと思っていた、
シーリングスタンプを探しにきました。
f0210127_1252923.jpg

自分のイニシャルも見せてもらったけど、
最初見た時の印象で鳩のモチーフを選びました。
指差しで
「Colombe(鳩)?」
お店の女性
「La colombe」で、にっこり。

お店を出る時も
「パリを楽しんで!」と言ってくれました(たぶん)
笑顔の素敵な人でした‥(フランス語がんばりますね~)

日本人向けのパリの情報サイトでも紹介されているお店なので、
片言会話には慣れたものなのかもしれません。

お店を出たらすぐにポンピドゥーセンターです。
f0210127_12555582.jpg
国立近代美術館の他に
現代アートの企画展示スペース、図書館などが入った複合施設です。
f0210127_13105839.jpg
オープンは1977年。
パリ中心部の街並みには不似合いなはずなのに、30年以上の時を経て馴染んでいるように思いました。
見た瞬間のインパクトはサンジャック塔の方が大きかったです。
石の塔を見慣れないからでしょうね。
それにしても美術館、見たかったなぁ。


のどが渇いたので、センターが目の前に見えるカフェで一休み。
カフェじゃなくジェラートのお店だと気付いたのは後の話です。f0210127_1345871.jpg

ショコラ・ショをたのんだら
f0210127_1353790.jpg
どろり。

固形じゃないけど液体でもない。
絶食から普通食に戻る時の間にはいる「おもゆ」のような。
(入院経験者にしかわからないたとえ)
のどの渇きを潤すには不向きな飲み物でした。
お腹の中で固形に戻った気がしました。


メトロ
1号線 Concorde → Chatelet


「L'Ecritoire」
61,rue Saint Martin 75004 Paris

メトロ:Chatelet 1、4、7、11、14号線

フランス語のHPはこちら → 

[PR]
by junnote | 2010-02-28 14:06 | 3日目ポンピドゥーセンター

レトロなコンフィズリー

宿泊したホテルから徒歩で行ける場所に
A La Mere de Famille(ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ)
というコンフィズリーがありました。

コンフィズリーとは
キャンディやキャラメルなどの砂糖菓子のことで、
それらを扱うお店のこともいいます。


外観からとってもレトロな雰囲気。
f0210127_1743296.jpg

お店の中はキラキラとキレイなお菓子だらけですよー。
f0210127_17434899.jpg

自分が子供だったら目がくらんでいるに違いない。
いや、大人でもどれにしようかと迷ってわくわくします。
f0210127_17453253.jpg

ショコラもあります。
f0210127_1746395.jpg

甘いもののなんでも屋さんです。
駄菓子屋みたい。
f0210127_17513393.jpg



私が買ったのは、ナッツにカカオをまぶしたこれ。
f0210127_1749451.jpg

リスまっしぐら(意訳です。つっこまないでくださいね~)なサクサクお菓子。
あっという間にサクサク食べてしまいました。
家族へのお土産に買ったグミもフルーティでおいしかったです。


「A La Mere de Famille」

35,rue du Faubourg Montmartre 75009
メトロ:Grands Boulevards

パリ市内に数店舗、プランタンの中にもあります
フランス語のHPはこちら → 

[PR]
by junnote | 2010-02-25 18:05 | ホテル周辺
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31