Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

タグ:街並み ( 28 ) タグの人気記事

元気な旅のしかた~2007年秋

というわけで、3年前、旅の最終日に体調を崩した私ですが
その様子はこちら → 
今後への参考にその理由を考えてみました。

◆初海外
3年前のパリ旅行は新婚旅行で
しかも私にとっては生まれて初めての海外旅行でした。

旅行初期の写真を今見ると、若干私の表情が硬く、
海外への怯えが感じられるのが、今さらおかしく初々しかったりします。



◆最後の夜のエッフェル塔
夕焼けから夜景に変わってゆくパリの街をエッフェル塔から眺めたいと
大行列を並びました。
f0210127_1159562.jpg

10月ともなるとパリの夜はかーなーり冷えることがあります。
この日もそんな感じで、塔に上った時にはガチガチと歯が鳴るほど寒かったのです。
鼻を赤くして写真に写ってましたよ。
(この時飲んだショコラ・ショ―はおいしかったです)
f0210127_11592883.jpg

風邪をひいたな。

その時そう思ったけど、普段だったら様子を見る程度の症状だったので特に策はとりませんでした。
f0210127_11595153.jpg


◆最終日のランチ
パンもコーヒーも好きなので、朝食はいつもおいしく楽しく。
一週間くらいなら日本食なしでも問題はありませんでした。
f0210127_1205832.jpg

ただしやっぱり疲労で体力が落ちてきていたようで、
肉はもうあんまり食べたくない気持ちになっていました。
こういう時に食べたい日本食って、スシやヤキトリ、ましてラーメンではなく、
白飯に海苔と梅干し、そして味噌汁だったりするのですね。

それがないなら私はサラダだけで十分でした。
(実際サラダだけを頼んでもハムやチーズがたっぷりで、バゲットもついているので量はまったくOKなのです。)


最後にランチしたお店でも私はクロックムッシュを食べました。
f0210127_1215199.jpgf0210127_122779.jpg

で、最後だしワインも挑戦。
f0210127_1223682.jpg
(このワイングラス欲しい‥)

‥‥‥。

色々と具合が悪くなる要素を探してきましたが、
最終的に引き金を引いたのはこのワインだったと思っています。
グラス一杯くらいいけると思ったんですけどね~。(弱っ!)
f0210127_1245570.jpg


まとめると、
疲労で体力が落ちたということにつきるようです。
今後の反省としては、まず基礎体力をつけるということが一番。
そして自分の体調の変化に敏感であること。無理をしないこと。
最後に普段からダメなものは旅先でもダメってことですね。


第二次パリ旅行では、ちゃんとこれらの教訓が活かされていたようです。
唯一、初日の夕食時に食前酒に飲んだポルトワインだったかが、
飲んだとたんぐらりときたのですが、
食前酒で少量だったのでセーフ。(やっぱり弱い)

ここで「やっぱり酒はおさえよう」と決めて一週間過ごしたのでした。
(ホテルの部屋でビールだけは飲みましたが)
f0210127_1243319.jpg


お酒の強さなどは個人差ですが、
旅行に向けて普段から体力をつけておくこと、
そして無理をしないことは誰にでもあてはまるのではないでしょうか。

具合悪くなっちゃったのも思い出♪
とポジティブシンキングするのは
ちゃんと反省した後(そう、まさに3年後とかね)でいいと思います。

f0210127_1261420.jpg

[PR]
by junnote | 2010-08-20 12:17 | 2007年・秋

パリからシャルトルへ、日帰りの旅

2007年秋の旅の話です。

パリから電車に乗ってみたい。
じゃあどこへ行く?という話になって
「シャルトル・ブルー」という言葉だけ以前から知っていた
有名な美しいステンドグラスがあるシャルトル大聖堂がパリから日帰り圏内だということを知って
行ってみることにしました。

パリのモンパルナス駅からSNCFで約1時間ほど。

切符の刻印の機械でちょっと四苦八苦。
f0210127_1872128.jpg
どうしても刻印できなかったらたぶんそれは故障中です。
別の機械でトライしましょう。
刻印を忘れると罰金が課せられるようです。

だいぶボロ‥いやレトロな電車でした。
カーテンに懐かしさをおぼえます。
f0210127_189254.jpg


パリを出ると本当にすぐに田園風景に変わります。
f0210127_1893449.jpg

季節は秋。紅葉が始まり、畑は収穫を終えています。
フランスは農業国なんだということがはっきりと実感できる風景です。
f0210127_1895346.jpg

途中で検札もありました。
f0210127_18101186.jpg


シャルトルの駅に到着して、駅を出るとすぐに大聖堂の姿が見えます。
絶対に迷いっこないです。

が、ちょうどお昼の時間だったのでまずはご飯。
大聖堂が見えるお店へ入りました。
f0210127_18104396.jpg
左右の形が違う特徴的な尖塔が見えますね。

お店のお嬢さんが英語が通じなかったので、注文が手間取り結局定食のメニューになりました。
しかし大正解!
最初のチーズのパイに始まり、子牛のステーキ(ノルマンディ風とか書いてありました。たぶん)
デザートのタルトオシトロン。どれもおいしかったです。
f0210127_18115782.jpgf0210127_18122055.jpg

f0210127_18124874.jpgとにかく多すぎて残してしまったのがとっても悔やまれます。


古い街並みを巡りながら、
f0210127_18132957.jpg

さぁいよいよ大聖堂へ。
f0210127_18135287.jpg
大きいのです。
ここまで近づいてしまうと、全部をカメラに収めるのは無理でした!


私にとっては初めて見る、ヨーロッパの石で作られた大聖堂でした。
最初に見たものが一番インパクトがあるということかもしれないけど、
そしてまだパリのノートルダムと、ここしか見たことがないのに断言してしまうのもおかしいのですが、
私の中ではずっと、一番美しい大聖堂として記憶されていくんじゃないかと予感しているのです。

それは圧巻でした。
あいにくの曇天で、シャルトル・ブルーの一番美しい瞬間は見ていないのかもしれません。
それでもステンドグラスは美しく。
f0210127_1814515.jpg

f0210127_18151486.jpg
f0210127_18153394.jpg


こんなに重厚な建造物なのに、その中はとても静謐な空気に満たされていました。
静かに椅子に腰をおろすと、ずっとここにいたいような落ち着いた気持ちになりました。
f0210127_18161010.jpg
f0210127_18163216.jpg
f0210127_18171724.jpg

f0210127_23253019.jpg

実際長居しすぎました。後で見ようと思っていた
中世の街並みが残るという旧市街は、ゆっくり見る時間がなくなっていました。
f0210127_1817428.jpg


そして、10月初めでしたがこの日は寒かった!
秋の服装にはだいぶこたえて、ガクガク震えながらカフェに飛びこんだことを思い出します。

3年後の今日、連日30度を超える日々に、ふと涼しい画像を見たくなって
記事をアップしました。
(「Paris7じゃないじゃないか」というつっこみはご容赦くださいませ~)

オマケ。
帰りの電車の中で見つけた
たぶん「携帯の使用はお控えください」というマークがかわいかったです。
f0210127_18181996.jpg

[PR]
by junnote | 2010-07-28 18:30 | 2007年・秋

La maison Kayser(メゾン・カイザー)のパン

先日、三越のメゾン・カイザーでパンを買いました。
f0210127_16411993.jpg


「仙台に おいしいパン屋は 数あれど ここが一番 好みの見た目」
 ↑
偶然途中まで「5・7・5」になってたので、無理やり下の句も「7・7」でまとめてみました。027.gif
(ヒマなの?私)

ま、ま、私が知っている仙台市内のパン屋さんなんて、ほ~んの一部なので、
「一番」と言い切ってしまうのもちょっと大げさですね。
でも見た目から「すごくおいしそう!!好み!」と思うのは本当です。
三越店ではガラスケースに入っているのを店員さんに注文してとってもらうスタイルなのですが、
どれにしようかと眺めている間も自然と笑みがこぼれます。

表面がぱりっとしてて中がしっとりとしてほんのり甘い。
そんな、今回買った写真のタイプのものがもっともそそられますが、
大きいクロワッサンや(ここのは本当に大きい!)
パン・オ・ショコラなどのバターたっぷりなのもたまに食べたくなります。


パリ及び近郊の店舗はこちら → 
(トップページから「OU NOUS TROUVER?」に入って「FRANCE」をクリック)

パリ市内だけでも10店舗以上あるようですね。
旅行中に私が見かけたのは13区のお店だけでした。
走る車の中から「あー、メゾン・カイザーだー」と通過したのでした。

不鮮明ですがオレンジ色の看板のお店です。
f0210127_16475346.jpg
これがブログ記事になるとは思ってもいなかった、オットが車内から撮影。

鮮明な画像も見つけました。
f0210127_1831462.jpg
そうそう、ランチをとったお店はここのすぐお隣だったのです。

参考までに。その日の記事はこちら → 
[PR]
by junnote | 2010-06-04 16:59 | 日本にて

モノトーンの街

休日の朝、のんびり起きてきたら、先に起きていたオットがパソコンをなにやらいじっていました。
見ると、デスクトップの画像を
モンマルトルの丘からパリ市内を撮ったものに変えていました。

f0210127_18574666.jpg

画面いっぱいのパリの風景‥
逆光だったのでくっきりはっきりの画像ではないのですが、
実際その場にいた時の気持ちを思い出す画像に、改めてときめきました。

今はこんな風に、時々旅を振り返る生活です。
たぶんこれで数年はもつような気がする。

ほんとか?037.gif


旅をしたのは極寒の一月。
街はほとんどモノトーンの色合いでした。
f0210127_18581460.jpg
f0210127_18583171.jpg

今は花盛りの色鮮やかな季節でしょうか?

モンマルトルの記事はこちら →    
[PR]
by junnote | 2010-05-29 19:21 | 備忘録

パリのお花屋さん

仙台三越に「monceau fleurs(モンソーフルール)」が期間限定ショップとしてオープンしました。
(5月9日まで)

※追記 期間限定だと思っていましたが、今は正式に出店しているようです。

monceau fleursといえば、
パリ市内を歩いているとあちこちで見かけた、青いお花屋さんです。
もとはモンソー公園に面する17区のアパルトマンの花屋からスタートしたのだそうです。

調べると、現在はフランス国内で100店舗以上、
日本でも東京自由が丘に本店を構える大きなお店になっています。

写真はすべてパリ市内を歩いている時に撮ったものです。

モンマルトルにて
f0210127_1433268.jpg


14区Denfert Rochereau駅付近にて
f0210127_1444074.jpg


4区Sully Morland駅付近にて
f0210127_1454980.jpg

パリが本店のブランドやお菓子やさんは、
見渡せば仙台市内でもたくさん見られるわけですが、
お花屋さんってちょっとした変化球でした。
そして小さなパリとの再会がちょっとうれしかったりもしました。

5月のパリはどんなだろうなぁ(←本音!)

*****

お知らせ


当ブログはブログ村のランキングに参加しています。
短期間の更新のうちに、
できるだけ多くのパリが大好きな方の目にとまればという願いからの参加でした。

しかし一応旅行記は終えたわけですし、
時々更新を続けてはいますが、
今後はさらに更新頻度が落ちていくと思われます。

というわけで、近日中にランキングからははずれることにしました。

なお、
パリ旅行をされる方、パリに興味がある方との出会いを今後も期待しているので、
ブログ村は脱会いたしません。
ネットの海の中から、このブログを見つけてくださる方がいればと願っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

そして、ランキングから見に来ていただいた方へ。
ありがとうございました!
[PR]
by junnote | 2010-05-07 14:54 | 備忘録

10.7ユーロ

フランス語の勉強は旅行前から続けていました。
とはいってもラジオ講座を聞くだけ、必要にせまられてもいなかったので
のんびりしたものです。
f0210127_17155198.jpg

旅行中もとっさの一言が出てこなくて、
「よくできました→残念」で成績をつけるなら
完全に「残念」寄りでした。
f0210127_17164727.jpg
f0210127_17215652.jpg


今回、行ってみたいと思っていたところの一つに
街のいたるところで見られるファーマシーがあります。

薬局というよりドラッグストアに近いでしょうか。
かといってドラッグストアほどなんでもあるわけでもなく。
シャンプーや歯磨き粉、石けんなどがきれいなパッケージで売られています。
f0210127_17173035.jpg


なにしろしゃべれないし聞き取れないので、
買い物をする時は
できるだけ値段の書いてあるものを手に取り、
頭の中でだいたいの金額を計算してからレジに持ち込むという慎重さです。
(来店時の「ぼんじゅーる!」帰る時の「めるしー!」だけはしっかり言いますよー。)

f0210127_17181113.jpg

で、ホテル近くのファーマシーでお買い物です。
店員さんは先客となにやらお話中。
どうやら勝手に手にとってもいいシステムだったので、
ちょっとホッとしながらあれこれ探しました。

お会計は10.7ユーロ。
頭の中でしっかり計算してレジに並びます。

旅行中、何度目かの会計のシーンです。
これまで店員さんの言う金額を聞きとれたことはありません。

やっぱりね、少しでも成果を感じたかったのです。
相手の発言にはいつもすごく集中します。

そして、
「dix euros soixante-dix」

10ユーロ70って言ったーーー!!

‥なんだという話かも。
しかし、私にとっては大いなる一歩でした。

「話す」は残念
でも「聞く」はがんばったと思えた瞬間です。

f0210127_17201976.jpg
※10.7ユーロの成果。リップクリームは別。

いや、もっとがんばりますよ。ええ!

ランキングに参加しています。
応援のワンクリックをいただけるとうれしいです。 
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by junnote | 2010-04-08 17:28 | 備忘録

出発は晴れ

しみじみ~とした気持ちで朝食を取り
f0210127_18145278.jpg

チェックアウトまでちょっとだけ時間があったので、
オットと二人でホテル周辺の散歩に出ました。

最終日の朝は太陽がキラキラとまぶしいですよ!
f0210127_1816787.jpg

今まで歩いていなかったホテルの北側を歩くことにしました。
f0210127_18164673.jpg

最後の日が晴れて、本当によかった。
f0210127_18173885.jpg



メトロの入り口も、
f0210127_18182619.jpg

パリ名物、縦列駐車も、
しばらくは見納めです。
f0210127_18193714.jpg



あ!早朝、雪が降っていたようです。
f0210127_18201492.jpg

f0210127_18203396.jpg



ここで時間切れ。
f0210127_18211667.jpg

うん、帰るのね。

f0210127_18215423.jpg
交差点一つくらい東へ進むと北駅。そして東駅へ。
さらに行くとサンマルタン運河、という地点でした。


同じ時間に別ルートで散歩していたEさんとIさん。
こちらサン・ドニ門。
f0210127_18242392.jpg
※Iさんから画像借用いたしました。

さぁ、パリを発ちますよ。
f0210127_18253898.jpg


ランキングに参加しています。
応援のワンクリックをお願いします! 
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by junnote | 2010-03-26 18:34 | ホテル周辺

嵐の凱旋門、そして満月。

ポンピドゥーセンターの近くで遅いランチを取り、
次の行き先を決めました。

最終日、まだ行っていないところといえば、
凱旋門かエッフェル塔でしょう。
ということで、
現在地からメトロ一本で行ける凱旋門をまず目指すことにしました。

f0210127_1554773.jpg

ところでこの駅の改札付近で、これはスリか?
という気配を背後に感じたのです。

ななめがけにしたバッグを押さえて、足早にホームへ移動しているうちにいなくなっていたので
自意識過剰だったかしらんとも思ったのですが、
オットも気にしていたようで
「怪しい人がいたね」と言われました。

こちら二人が気がついたことが、向こうにもわかったのかもしれないし、
やっぱり気のせいだったのかもしれない。
結局のところはわからないのですが
やっぱりパリではこういう注意は忘れてはいけないと思ったできごとでした。


で、気を取り直して凱旋門に最寄りのシャルル・ド・ゴール エトワール(Charles-de-Gaulle Etoile)駅

メトロの通路にミュージシャンが。
f0210127_15554212.jpg

楽器の編成から演奏まで本格的!
ヴィヴァルディの「四季」から「冬」を演奏中です。しばし立ち止まる。
すてき。

「冬」ぴったりじゃないですか~
と、地上に出たら、

嵐がきていました。
f0210127_1558094.jpg
雨が吹きつけ、風がうずまく広場。

それでも凱旋門の真下まで行きました。
f0210127_15583534.jpg

‥びしょぬれのシャンゼリゼ通り。
f0210127_1559521.jpg
こ、これはちょっと哀しい写真です。
「世界一美しい通り」だってこんな日もあるのですよー!


お昼を食べながらたてた計画では、
ここから6号線に乗り換えてエッフェル塔を見ながら左岸にわたり
15区を目指し、トラムウェイに乗ろう!だったのですが‥

旅に行ったら元気に帰ってくるのが義務なのですよね。
無理は禁物。
あきらめてホテルに戻ることになりました。


思いがけない嵐で、予定よりも早い時間にホテルに戻ってきましたが、
この日の夜は、パリ滞在中お世話になったB先生と夕食をとる予定になっていました。

待ち合わせはオペラ座。
f0210127_1613016.jpg

ライトアップが美しいです。
f0210127_1615729.jpg

この時間になると嵐はすでに去っています。
ホントになんて変わりやすい天気なんだろう!

思えば2007年に初めてパリに来た時、
荷物をホテルに置いて、最初に歩いたのがこの場所でした。
その時も雷雨。
まさか、私、あめおん‥(以下略)
f0210127_1625375.jpg


夕食を終えて外に出たら満月が見えました。
f0210127_1632284.jpg

こんなに変わりやすいのでは、雨女も晴れ女も通用しないなぁ。
一週間の滞在で、フルコースで天気を体験したなと思いながらホテルに帰りました。


ランキングに参加しています。
応援のワンクリックをお願いします! 
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by junnote | 2010-03-25 16:25 | 5日目凱旋門

中庭をのぞけば

マレ地区を歩いていると気になるのが、こんな中庭への入り口です。
f0210127_1711389.jpg
誘われます。

入ってみると、いい感じ!
f0210127_17128100.jpg

f0210127_17164268.jpg

f0210127_17123396.jpg


カルナヴァレ博物館の裏手の小道にある中庭をのぞくと
そこはカフェ。
f0210127_1715050.jpg
春になったら中庭の席がいいんだろうなぁ
想像がふくらみます。

f0210127_17171425.jpg


博物館を後にして、Rivoli通りに出ます。
f0210127_1716239.jpg
がらっと大通りの空気に変わりました。
マレ地区の小道や中庭にあった、秘密めいた雰囲気はなくなります。


空が明るくなってきました。

市庁舎に着くころには、
この日初めての青空!
f0210127_17175414.jpg

これが、この日唯一の青空になってしまったんですよねぇ‥
f0210127_17223986.jpg
(つづく)
[PR]
by junnote | 2010-03-24 17:26 | 5日目マレ

ヴォージュ広場がお気に入り!

バスティーユ広場を離れ、マレ地区へ向かいます。
(ところでどこからどこまでが「マレ地区」なんだろう?)
f0210127_17343365.jpg

大通りからそれると静かな地区にはいりました。
なんだか素敵な雰囲気の予感‥。
f0210127_17365924.jpg


小さなお店のウィンドウをのぞくと、
そこは全部宝箱なのです。
f0210127_17374616.jpg

アンティークの宝箱とか、キリム(遊牧民の織物)の宝箱とか、

店主秘蔵の宝箱を眺めながら歩くと
突き当たりに
f0210127_17382974.jpg


ヴォージュ広場。
f0210127_1739252.jpg

雨に黒くぬれた木と黒い街灯が似合います。
シック。
f0210127_17395676.jpg

この街灯の形がツボでした。
f0210127_17422849.jpg

「?」みたい。
f0210127_1742496.jpg


近くに学校があるのでしょうか、
学生さんぽい子たちが賑やかに広場を通過します。
f0210127_17432478.jpg

きゃっきゃと楽しそうで、
f0210127_17434812.jpg
何を話しているのか分かればなぁ。


ルイ13世。
f0210127_1744476.jpg

カフェもいい雰囲気。
f0210127_17442252.jpg

そう長い時間の滞在ではなかったけど、
直感的に思いました。

私、この広場好きー!
[PR]
by junnote | 2010-03-19 17:59 | 5日目マレ
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31