Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

タグ:建築 ( 12 ) タグの人気記事

サン・シュルピス広場の噴水

サン・シュルピス教会の修復が終了した、というニュースをパリ情報のサイトで目にしました。
(こちら → 
一気に取り壊して建て直すというのではなく、組まれた石をはずして、
修復可能なものは修復して(不可能なものは取り替えて)組み直すというのですから
大変な作業です。

2010年1月27日の画像
f0210127_15314648.jpg

そういえば私たちが行った時も、向かって左側の塔は足場が組まれていたっけ。
思い出して自分たちが撮った画像を見返していたら、
教会の前の広場にあった噴水の写真が目にとまりました。

「4人の枢機卿の噴水」
f0210127_15322582.jpg

旅行記の中ではスルーしていました。
冬だからか水は流れていなかったし、教会の中にも入らなかったので。

でも思い出しました。
このライオンが猫っぽい!と思って写真を撮ったことを。
f0210127_15325352.jpg
シャーーーーッ!!!


「Eglise St.Sulpice(サン・シュルピス教会)」

Pl.St.Sulpice 75006 Paris
メトロ:St.Sulpice 4号線  Mabillon 10号線


*****

ブログ開設から1年が過ぎました。

もう少し頻繁に更新できたらいいのですが、今後どのような形で続けていくのがいいか模索中です。
今日の記事みたいに、旅行記には入らなかった「小ネタ」がもっとあれば
それを出していくのもいいかなぁと思いましたが、そう多くは残されていないでしょうし。

新しい旅の話ができれば最高ですが、しばらくはその予定もありません。
ですので、少ない経験でしかありませんが、
今後も私なりの、ちょっとおもしろい、ちょっと役に立つブログを目指していきたいです。


今日も読みにきていただいてありがとうございます。
[PR]
by junnote | 2011-02-03 16:06 | 3日目サンジェルマンデプレ

嵐の凱旋門、そして満月。

ポンピドゥーセンターの近くで遅いランチを取り、
次の行き先を決めました。

最終日、まだ行っていないところといえば、
凱旋門かエッフェル塔でしょう。
ということで、
現在地からメトロ一本で行ける凱旋門をまず目指すことにしました。

f0210127_1554773.jpg

ところでこの駅の改札付近で、これはスリか?
という気配を背後に感じたのです。

ななめがけにしたバッグを押さえて、足早にホームへ移動しているうちにいなくなっていたので
自意識過剰だったかしらんとも思ったのですが、
オットも気にしていたようで
「怪しい人がいたね」と言われました。

こちら二人が気がついたことが、向こうにもわかったのかもしれないし、
やっぱり気のせいだったのかもしれない。
結局のところはわからないのですが
やっぱりパリではこういう注意は忘れてはいけないと思ったできごとでした。


で、気を取り直して凱旋門に最寄りのシャルル・ド・ゴール エトワール(Charles-de-Gaulle Etoile)駅

メトロの通路にミュージシャンが。
f0210127_15554212.jpg

楽器の編成から演奏まで本格的!
ヴィヴァルディの「四季」から「冬」を演奏中です。しばし立ち止まる。
すてき。

「冬」ぴったりじゃないですか~
と、地上に出たら、

嵐がきていました。
f0210127_1558094.jpg
雨が吹きつけ、風がうずまく広場。

それでも凱旋門の真下まで行きました。
f0210127_15583534.jpg

‥びしょぬれのシャンゼリゼ通り。
f0210127_1559521.jpg
こ、これはちょっと哀しい写真です。
「世界一美しい通り」だってこんな日もあるのですよー!


お昼を食べながらたてた計画では、
ここから6号線に乗り換えてエッフェル塔を見ながら左岸にわたり
15区を目指し、トラムウェイに乗ろう!だったのですが‥

旅に行ったら元気に帰ってくるのが義務なのですよね。
無理は禁物。
あきらめてホテルに戻ることになりました。


思いがけない嵐で、予定よりも早い時間にホテルに戻ってきましたが、
この日の夜は、パリ滞在中お世話になったB先生と夕食をとる予定になっていました。

待ち合わせはオペラ座。
f0210127_1613016.jpg

ライトアップが美しいです。
f0210127_1615729.jpg

この時間になると嵐はすでに去っています。
ホントになんて変わりやすい天気なんだろう!

思えば2007年に初めてパリに来た時、
荷物をホテルに置いて、最初に歩いたのがこの場所でした。
その時も雷雨。
まさか、私、あめおん‥(以下略)
f0210127_1625375.jpg


夕食を終えて外に出たら満月が見えました。
f0210127_1632284.jpg

こんなに変わりやすいのでは、雨女も晴れ女も通用しないなぁ。
一週間の滞在で、フルコースで天気を体験したなと思いながらホテルに帰りました。


ランキングに参加しています。
応援のワンクリックをお願いします! 
     ↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by junnote | 2010-03-25 16:25 | 5日目凱旋門

カルナヴァレ博物館 sanpo

マレ地区は、中世の貴族の館とおしゃれなショップがなじんだ、
ちょっと不思議な雰囲気のエリアです。

建物に挟まれた細い道を歩いていると、
迷路に入り込んだような気分になります。

カルナヴァレ博物館は、そんな貴族の館を改修して作られたパリの歴史博物館です。
f0210127_1651421.jpg

博物館は、カルナヴァレ館(16世紀に建造)と
ル・ペルティエ・ド・サンファルジョー館(17世紀末に建造)
の二つの館を渡り廊下でつないで利用しています。

建物そのものが展示物のようです。
f0210127_16144442.jpg

窓から見える中庭もよく手入れがされています。
(花の季節だったらなぁ)
f0210127_1617058.jpg


自分が暮らす街の歴史を知るのは大事ですね。
先生に引率されたこどもたちがたくさんきていました。
f0210127_1622194.jpg


スタートは中世のパリから。
f0210127_16242468.jpg
今よりもずっと雑然とした感じです。
でも、ノートルダム大聖堂が見慣れた場所にあるのがなんだかうれしい。

お店の看板?
(フランス語の説明が読めないので、実はよくわかっていないのです!)
f0210127_16264054.jpg


見てる見てる!
f0210127_16284045.jpg


一貴族の館がどのくらいの広さかというと、
私、なめてかかっていたようで、
この博物館は全部ゆっくり見て回ろうとすると、かなりの時間が必要になります。
ゆっくり時間をかけて回るか、何回かに分けて見るのがおすすめのようです。


時代ごとに違うスタイルを再現した部屋もたくさんあります。
f0210127_16435782.jpg

f0210127_1644192.jpg


もちろんフランス革命の展示もありますが、
先ほどの見学のこどもたちでいっぱいになっていたので
残念ながら見ることができませんでした。


そしてこの方の肖像画も。
f0210127_16451548.jpg


猫もいます。
f0210127_16291573.jpg


「Musee Carnavalet(カルナヴァレ博物館)」

23 rue de Sevigne 75003 Paris
メトロ:Saint-Paul 1号線 Chemin Vert 8号線

[PR]
by junnote | 2010-03-23 17:14 | 5日目マレ

オペラ通り界隈で贈り物を探す。

1月28日。
この旅も終盤に差し掛かりました。
この日のスタートは、オペラガルニエです。
f0210127_21181436.jpg

絢爛豪華な建物内部は見学可能です。
特にシャガールの天井画は必見ですよー!
f0210127_2118436.jpg
※天井画の画像は2007年に撮ったものです。

さて、
この日一番の目的は観光ではなく、
この春、仕事に一つの区切りを迎えられる、
旅のメンバーEさんへ、感謝のプレゼント探しです。

f0210127_21205465.jpg

それぞれの事情で、今回の旅に参加できなかったメンバーの思いもこめて、
パリの思い出になるようなものを贈ろうということになっていたのです。

Eさんが選んだのは、フランス人男性の必需品「携帯ナイフ」でした。

こんな。
f0210127_21225612.jpg

こんな。
f0210127_21232189.jpg

目星をつけていたお店が見つからず、4人でオペラ通りを歩きまわりました。
それも思い出。

日本人の店員さんがいるお店で道を尋ねたりもしました。
f0210127_2135216.jpg

f0210127_21271198.jpg

最終的にマドレーヌ通りのお店で選んだナイフは、
コンパクトだけどずっしりと重さがありました。
[PR]
by junnote | 2010-03-08 21:40 | 4日目オペラ界隈

大聖堂の横顔とショパン sanpo

ノートルダム大聖堂は横顔美人です。
聖堂の後ろに回り込むように歩くとそんな発見があります。
f0210127_15353535.jpg

午後遅い時間の日をあびてオレンジ色に染まる石の壁。
f0210127_15361020.jpg

花のような‥レース編みのような。
なんと表現したらいいんだろう。
f0210127_1537209.jpg

正面の広場は観光客でいっぱいなのに、裏はひっそりとしています。
f0210127_15385436.jpg

後ろ姿。
f0210127_15394350.jpg


セーヌ川をクルーズ船が通り過ぎます。
昨日の凍てつく寒さに比べれば穏やかな天気で、
のんびり散策するにはもってこいです。
f0210127_15543964.jpg

こりゃキザだわぁと思ったので口には出さなかったのですが、
この時私の頭の中では
ショパンのピアノソナタ第3番が再生されていました。
日本を発つ前に聴いていたからでしょう。

セーヌ川の流れとノートルダム大聖堂の姿が
いかにもショパンの曲にぴったりな気がしました。
f0210127_1625125.jpg


ショパンは祖国ポーランドを出た後はパリに住み、
そしてパリで39歳の若さで亡くなっています。

ピアノソナタ第3番は、冬のパリではなくて
恋人だったジョルジュ・サンドの別荘で作曲されたものです。

なので「この道を歩きながら作曲」という妄想はあっさり否定されるのですが、
病弱であったとはいえ、同じ道を歩いたこともあるのかもしれない。
そして変わらないノートルダム寺院の姿を見たかもしれない。
そんなことを考えました。
f0210127_166020.jpg


記事を書きながら気になって、ショパンのことを少し調べてみました。
私が今回の旅行中にショパンを意識したのは、
ここノートルダムの横を歩いている時だけだったのですが、
実は彼がパリで最初に暮らし始めたアパルトマンは、
私たちが宿泊していたホテルのすぐ近くだったようです。

パリの街を歩くとこんな物語がいたるところに隠されているのでしょうね。


頭の中に唐突な感じで浮かんだショパンのメロディ。

本当は全然唐突でなくて、当然だったのかもしれない。
ショパンに粋ないたずらをしかけられたような気がして、
帰国後一か月を過ぎてからの発見をうれしく思ったのでした。

f0210127_16102010.jpg

[PR]
by junnote | 2010-03-03 16:19 | 3日目シテ島

ノートルダムのステンドグラス

橋を渡ってシテ島へ。
f0210127_17261415.jpg

シテ島はパリの中心。
何百年もパリの街を見守り続けたノートルダム大聖堂が迎えてくれます。
f0210127_1742429.jpg


聖堂は、12世紀に本格的な建造が始まり、完成まで200年。
そして現在にいたるまで、
どれほどの数の人々の祈りがこめられているのだろうと思うと
気が遠くなりそうです。


中へ入ります。
世界中の観光客が訪れる場所です。様々の言語で歓迎のあいさつが‥
f0210127_17282644.jpg

「ようこそ」(画像、中心からやや上です)

だけど、これは、
ええ。
「よこそう」って書いて
「う」を消して「よ」と「こ」の間に差し込んだというのが丸わかり!

へなへな~と膝から崩れ落ちそうになりました。
こんなのを見ると日本とフランスは遠いんだということを思い知らされます。


気を取り直してステンドグラスを見ましょう。
f0210127_17294348.jpg
静かな祈りの場所です。
f0210127_17311013.jpg

f0210127_17315174.jpg

f0210127_17321557.jpg

ステンドグラスを撮影するのは本当に難しいです。
伝えきれないなぁと思いながら。
(しかも私が前半撮った写真は、ホワイトバランスの設定を間違うという
痛恨のミスのため色が白く飛んでしまっているのです。
今回の画像はオット撮影のものを多く使いました)
f0210127_17324713.jpg

f0210127_1733612.jpg


午後の日が射す。
f0210127_17333773.jpg


f0210127_17335918.jpg


ノートルダムは外から見てもまた美しいのです。
というわけで続く。
[PR]
by junnote | 2010-03-02 17:49 | 3日目シテ島

たまには、買い物の話。

オランジュリー美術館の次はメトロでシャトレ(Chatelet)駅へ。

地下から出てくると、まず存在感たっぷりの石の塔、サンジャック塔が見えます。
太陽の光があたって霞んで見えて、印象派の絵のような雰囲気でした。
f0210127_12281570.jpg
パスカルが大気圧の実験をしたことでも有名な塔です。

さて、St- Martin通りをポンピドゥーセンターへむかって歩くと
小さな扉のお店があります
「L'Ecritoire(レクリトワール)」f0210127_12491367.jpg

小さなお店の中に、封筒、カード、シール、など手紙グッズがたくさん並んでいます。
オリジナルのかわいいノートもあります。
f0210127_1253154.jpg

ここへはパリに行ったらぜひ買いたいと思っていた、
シーリングスタンプを探しにきました。
f0210127_1252923.jpg

自分のイニシャルも見せてもらったけど、
最初見た時の印象で鳩のモチーフを選びました。
指差しで
「Colombe(鳩)?」
お店の女性
「La colombe」で、にっこり。

お店を出る時も
「パリを楽しんで!」と言ってくれました(たぶん)
笑顔の素敵な人でした‥(フランス語がんばりますね~)

日本人向けのパリの情報サイトでも紹介されているお店なので、
片言会話には慣れたものなのかもしれません。

お店を出たらすぐにポンピドゥーセンターです。
f0210127_12555582.jpg
国立近代美術館の他に
現代アートの企画展示スペース、図書館などが入った複合施設です。
f0210127_13105839.jpg
オープンは1977年。
パリ中心部の街並みには不似合いなはずなのに、30年以上の時を経て馴染んでいるように思いました。
見た瞬間のインパクトはサンジャック塔の方が大きかったです。
石の塔を見慣れないからでしょうね。
それにしても美術館、見たかったなぁ。


のどが渇いたので、センターが目の前に見えるカフェで一休み。
カフェじゃなくジェラートのお店だと気付いたのは後の話です。f0210127_1345871.jpg

ショコラ・ショをたのんだら
f0210127_1353790.jpg
どろり。

固形じゃないけど液体でもない。
絶食から普通食に戻る時の間にはいる「おもゆ」のような。
(入院経験者にしかわからないたとえ)
のどの渇きを潤すには不向きな飲み物でした。
お腹の中で固形に戻った気がしました。


メトロ
1号線 Concorde → Chatelet


「L'Ecritoire」
61,rue Saint Martin 75004 Paris

メトロ:Chatelet 1、4、7、11、14号線

フランス語のHPはこちら → 

[PR]
by junnote | 2010-02-28 14:06 | 3日目ポンピドゥーセンター

潜入!パリの大学

この日は本当に寒かったのです。
時間がたつごとに気温が下がってきている、と感じながら
B先生との待ち合わせのため、カフェで暖をとっていました。

次の目的地は13区、ヴァル・ドゥ・セーヌ建築学校。
f0210127_17243597.jpg

待ち合わせ時間ほぼぴったりにやってきた、
B先生の買ったばかりという車で学校へ向かいました。

自分だけの旅行だったら絶対に行けない場所です。
これがグループ旅行のおもしろいところだなぁと思いながら
私はおとなしくオマケとしてついていきました。
大学なんて日本にいたって入る機会ないし。
f0210127_17285085.jpg

f0210127_17251544.jpg
煙突‥?
そう、大学は古い工場を再利用して作られています。
右側は新しい建物です。

こちら図書館。
f0210127_17254884.jpg

当然建築関係の本ばかりです。
f0210127_17261160.jpg
国は違えど図書館の空気は同じ。

建築素人の私がわかるのは、
中段、右端の本に小さくある伊東豊雄さん(せんだいメディアテークの設計者)
の名前だけですね~。
f0210127_1728532.jpg


模型がたくさんの部屋もありました。
f0210127_17282492.jpg


お昼の時間にかかっていたので、食堂の外まで行列が。
f0210127_17292026.jpg
大学生、けっこう地味なファッションだなぁ。
みんながみんな、ファッションスナップのようなステキな格好ではないという点、
日本といっしょです。


私たちも、学校近くのB先生行きつけのお店でランチです。

私が食べたサーモンのステーキ。
f0210127_1729567.jpg
親しみやすい味で残さずペロリでした。
(今さらですが、グルメ情報が少ないブログ。)

B先生が一つ一つメニューを説明してくれました。
日本語がペラペラなのです。


自在にフランス語と日本語を行き来するB先生に接して、
今回の旅ほど「中高6年間の英語の授業はなんだったんだ」
と思ったことはありませんでした。

当時の学校の英語教育にも問題点はあると思いますが、
なにより自分の学習態度について
20年後の大反省会中です。

帰国後もラジオ講座での仏語勉強は続行中です。
でも、それ以前に英語なんじゃないか?と迷いが生まれてもいるのです。

ど、同時に2ヶ国語学習。とか‥?

仏語の泉を掘り進めるほど、もともと小さかった英語の泉が枯渇するのを感じている有様なのに。
[PR]
by junnote | 2010-02-22 17:46 | 2日目13区学校

パサージュ散歩

1月26日
パリ2日目です。
昨日とは明らかに空気が違って寒いです。
空からは冷たい雨が時折ぽつりと落ちてきます。
もしかして雪になるかも‥。

この日は、パリ近郊に住むB先生と会う予定が入っています。
待ち合わせは、
ルーブル美術館の横、カルーゼル橋付近。
街を散策しながら待ち合わせ場所に向かうことにしました。

宿泊するホテルのある9区から、
地図で見ると真っすぐ南へ進むように2区を歩くと、
パサージュがたくさんあります。

心ひかれるお店もたくさんでしたが、
ウィンドーショッピングということで、
一気に行ってみましょう!!

白クマのインパクトがありすぎて、何のお店だか忘れました。
このクマ、動いてるんです。
f0210127_17134650.jpg

マカロンタワー
f0210127_17141711.jpg

ここはおもちゃ屋さんかな?
かわいいミニチュアがたくさんだったのです。
f0210127_17145019.jpg
しばし立ち止まる。
ミニチュア、かわいー
f0210127_17161229.jpg

f0210127_17163771.jpg


パサージュ・デ・パノラマでは
古切手やカードを扱うお店がかなりツボでした。
「後で行こう」は旅行中はないんですよね~。
(結局行けなかった)
f0210127_17173155.jpg

開店準備中。
手書きじゃなくても読むには一苦労だけど、
手書きのフランス語って、素人にはすんごく読みづらいです。
f0210127_1718134.jpg


ギャルリー・ヴィヴィエンヌ。
ここはキラキラしてます。クリスマスのイルミネーションみたいだけど、
年中こんななのかな?
f0210127_17191444.jpg

すり減った階段にこのパサージュの長い年月を感じます。
f0210127_17194923.jpg

f0210127_1720977.jpg


大きな通りからそれて、パサージュに入ると
タイムスリップしたような、時間が止まった場所にふと入り込んだような
そんな気分を味わうことができます。
f0210127_17203969.jpg

[PR]
by junnote | 2010-02-16 17:29 | 2日目パサージュ

パリの新しい表情

f0210127_23183417.jpg

オーステルリッツ駅(gare d'Austerlitz)からセーヌ川沿いにしばらく歩くと、
パリらしからぬ(?)風景が目の前に飛び込んできます。
f0210127_2304899.jpg
ガラス張りの高層ビルが4棟。(写真は2棟)
新しい国立図書館です。
この建物の形は「本」をイメージしたものだそうです。
本!?い、言われてみれば‥?
大きすぎて、間近にいるとピンとこないのです。


13区のこの辺りは再開発が行われている地区で、
パリの中心部とはまったく表情が変わっています。

こういう場所もあるのかと
パリ初心者は驚いたのでした。


夕焼けに染まる図書館を背負って、橋を渡ります。
f0210127_23192329.jpg

橋を渡るとこちらはベルシー・ヴィラージュ。
f0210127_23194999.jpg

その昔、ワインの貯蔵庫として使われていた倉庫を再利用して、
古い建物はそのままに、今はおしゃれなお店になっています。
f0210127_23202225.jpg

f0210127_23204242.jpg

いろいろ見て歩きたいところでしたが
足がもう限界でした!

本日最後の一休み。
じわ~っと足の裏が痛くなっていました。
写真はオットが飲んだヴァン・ショ(ホットワイン)です。
f0210127_2321845.jpg

ここで約2万歩。
すっかり日も落ちてきたところなので、
ホテルに戻ります。


メトロ
14号線 Cour St-Emilion → Madeleine(乗り換え)
8号線 Madeleine → Grds Boulevards

[PR]
by junnote | 2010-02-14 23:39 | 1日目図書館、ベルシー
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31