Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

変わるパリ、変わらないパリ。

「Retour a Paris」
f0210127_11363071.jpg

オットがパリで買った、小型のフォトブックです。
今のパリと100年前のパリを同じ場所から撮影したものを並べて掲載しています。

例えば1区「pont-neuf」
4区「hotel de ville」
f0210127_11372046.jpgf0210127_11403149.jpg
変わらない姿。期待通りのパリの姿です。
セーヌ河岸に腰をおろして、いつまでも眺めていたいと思う風景です。

一方で変化したパリも写しています。
14区「Avenue de la Port-Didot」
15区「Parc Georges-Brassens」
f0210127_11425288.jpgf0210127_11374329.jpg
どちらも背景に高層の集合住宅のような建物ができました。

この旅で13区を歩いた時に見た景色がまさに変化したパリの一部だったのでしょうね。
f0210127_11543098.jpg

f0210127_1154486.jpg

観光客(私)が期待するパリとは違う風景。
だからってここを見てがっかりしたというわけでもありません。
人間が作るもので本当に変わらないものなんてない。
ネガティブな気持ちからでなく、自然と思っているからかもしれません。

普段からそう思っていたからこそ、パリの中心部で100年前と変わらない街並みを初めて見た時に
心が強く揺さぶられたのでしょう。

2007年に初めてパリを訪問した時、
空港からのバスに乗って、味気ないような広い道路を走った後、パリ市街へ入った瞬間に目に写った風景。
「なんだこれ?すごい!」胸が高鳴りました。
f0210127_11453163.jpg
(2007年 凱旋門より)


たった2度の旅行のうちに、たぶん私の中では
パリに対する過度の幻想は消え失せてるような気もするのですが
(街並みのことだけじゃなくいろ~んな意味で!)
f0210127_11462374.jpg

それでもまだまだ気は済んでいないのです。
次にパリを訪ねる時はどんな表情を見つける事ができるのか、相変わらずとっても楽しみにしています。


‥本当に楽しめるように、精神力、体力、語学力、いろいろ鍛えなければならない点は多そうです!
f0210127_11464341.jpg
(2006年 エッフェル塔より)
[PR]
# by junnote | 2010-07-01 12:04 | 日本にて

PARIS JE T'AIME(今さらですが、いい映画ですね)

先日実家に行った時、実家に置いたままだったある映画のパンフレットを持ってきました。
それがこれ。
「PARIS JE T’AIME」

f0210127_14231598.jpg

仙台で上映されたのは2007年春のことでした。
私より一足先にパリ旅行をして、すっかり夢中のオットに勧められて、
二人で見に行ったと記憶しています。
そうだった。その頃の私はあまり海外旅行に興味はなかったのでした。

映画は18人の監督による、パリを舞台にした約5分ずつのショートストーリーからなる短編集です。

まだパリに行ったことのない私が見てもじんとくる映画でした。

それぞれは関連のない18話なのですが、
パリで今生きている(観光客も含めて)人たちの息遣いが描かれたストーリーは
自然に最終話「14区」の主人公のモノローグへつながるような気がしました。

そうね。わかる、わかるよキャロル‥(←最終話の主人公。ひとりで憧れのパリにやってきたアメリカ人のおばちゃん)
f0210127_1426122.jpg
※パンフレットより。「14区」の主人公キャロル

なんでだかキャロルがパリの公園で一人体験したあの感覚に強く共感して、
映画館で幸福な気分で涙を流したのを思い出します。


そんな私もすっかりパリのとりこになり、
「あーここも行ったなー」などと、知ったような風で今パンフレットを眺めています。
人に向かっては言わないけど。しょせん知ったかぶりだから044.gif
ブログに書くのは、許してください‥


映画の舞台になって、この旅行記でも出てきたのは、
タイトルにもなっていてわかりやすいところで「ヴィクトワ―ル広場」です。
(記事はこちら → 
f0210127_14283553.jpg

「マレ地区」で彼が走り抜ける広場はヴォージュ広場だし。
(記事はこちら → 
f0210127_14292095.jpg


もう一度通して映画を見たくなりました。なんだかきっと新しい発見がありそう。

主題歌もとても好きです。
「La meme histoire」


[PR]
# by junnote | 2010-06-18 14:54 | 日本にて

エコバッグ持ってお買い物

モノプリのエコバッグがパリのお土産として人気のようですね。
1個0.8ユーロ。
現在のレートなら100円弱という手軽さ!
たしかにお土産としてたくさんの人に配るのならもってこいです。
f0210127_18124125.jpg

年によってデザインやカラーが変わるようなので、コレクター魂がくすぐられそうですね。
そんな点も人気の理由かしら?

横長の形がかわいいです。
生地は少し薄いようなので、例えば2リットルのペットボトル2本も入れるのはちょっと不安を感じるかも。
f0210127_18131846.jpg
f0210127_18133767.jpg


丈夫さでいったらこちら。
オットがいつの間にか買っていた、グランデピスリーのバッグ。
(私はどこに売っていたのかわかりませんでした。レジの近くにあったようです)
f0210127_18143595.jpg
こちらは10ユーロ。
エコバッグというよりはショッピングバッグといった方がいいかもしれません。
底板もついていて、とてもしっかりしています。

どちらも併用しながら役立っていますよー。

さてここで、
観光客らしく各お店で撮った写真がたくさんあるので、
だだーっと公開しましょう!

フランプリにて。
f0210127_18192615.jpg

f0210127_1819889.jpg


続いてBHVにて。
f0210127_18201965.jpg

f0210127_18203637.jpg


ラストはグランデピスリー。
f0210127_18211486.jpg
f0210127_18213033.jpg

こうして見ると、なんだかお買い物しまくったかのような錯覚に陥るのですが、
実際の我が家の買い物行動は、わりと控えめでした。
[PR]
# by junnote | 2010-06-11 18:36 | 備忘録
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31