Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パリからシャルトルへ、日帰りの旅

2007年秋の旅の話です。

パリから電車に乗ってみたい。
じゃあどこへ行く?という話になって
「シャルトル・ブルー」という言葉だけ以前から知っていた
有名な美しいステンドグラスがあるシャルトル大聖堂がパリから日帰り圏内だということを知って
行ってみることにしました。

パリのモンパルナス駅からSNCFで約1時間ほど。

切符の刻印の機械でちょっと四苦八苦。
f0210127_1872128.jpg
どうしても刻印できなかったらたぶんそれは故障中です。
別の機械でトライしましょう。
刻印を忘れると罰金が課せられるようです。

だいぶボロ‥いやレトロな電車でした。
カーテンに懐かしさをおぼえます。
f0210127_189254.jpg


パリを出ると本当にすぐに田園風景に変わります。
f0210127_1893449.jpg

季節は秋。紅葉が始まり、畑は収穫を終えています。
フランスは農業国なんだということがはっきりと実感できる風景です。
f0210127_1895346.jpg

途中で検札もありました。
f0210127_18101186.jpg


シャルトルの駅に到着して、駅を出るとすぐに大聖堂の姿が見えます。
絶対に迷いっこないです。

が、ちょうどお昼の時間だったのでまずはご飯。
大聖堂が見えるお店へ入りました。
f0210127_18104396.jpg
左右の形が違う特徴的な尖塔が見えますね。

お店のお嬢さんが英語が通じなかったので、注文が手間取り結局定食のメニューになりました。
しかし大正解!
最初のチーズのパイに始まり、子牛のステーキ(ノルマンディ風とか書いてありました。たぶん)
デザートのタルトオシトロン。どれもおいしかったです。
f0210127_18115782.jpgf0210127_18122055.jpg

f0210127_18124874.jpgとにかく多すぎて残してしまったのがとっても悔やまれます。


古い街並みを巡りながら、
f0210127_18132957.jpg

さぁいよいよ大聖堂へ。
f0210127_18135287.jpg
大きいのです。
ここまで近づいてしまうと、全部をカメラに収めるのは無理でした!


私にとっては初めて見る、ヨーロッパの石で作られた大聖堂でした。
最初に見たものが一番インパクトがあるということかもしれないけど、
そしてまだパリのノートルダムと、ここしか見たことがないのに断言してしまうのもおかしいのですが、
私の中ではずっと、一番美しい大聖堂として記憶されていくんじゃないかと予感しているのです。

それは圧巻でした。
あいにくの曇天で、シャルトル・ブルーの一番美しい瞬間は見ていないのかもしれません。
それでもステンドグラスは美しく。
f0210127_1814515.jpg

f0210127_18151486.jpg
f0210127_18153394.jpg


こんなに重厚な建造物なのに、その中はとても静謐な空気に満たされていました。
静かに椅子に腰をおろすと、ずっとここにいたいような落ち着いた気持ちになりました。
f0210127_18161010.jpg
f0210127_18163216.jpg
f0210127_18171724.jpg

f0210127_23253019.jpg

実際長居しすぎました。後で見ようと思っていた
中世の街並みが残るという旧市街は、ゆっくり見る時間がなくなっていました。
f0210127_1817428.jpg


そして、10月初めでしたがこの日は寒かった!
秋の服装にはだいぶこたえて、ガクガク震えながらカフェに飛びこんだことを思い出します。

3年後の今日、連日30度を超える日々に、ふと涼しい画像を見たくなって
記事をアップしました。
(「Paris7じゃないじゃないか」というつっこみはご容赦くださいませ~)

オマケ。
帰りの電車の中で見つけた
たぶん「携帯の使用はお控えください」というマークがかわいかったです。
f0210127_18181996.jpg

[PR]
by junnote | 2010-07-28 18:30 | 2007年・秋

パリに行ったら。

次にパリに行ったら何をしようかな?
f0210127_17414494.jpg

まずはエッフェル塔にごあいさつ。
それから今度こそはサンマルタン運河を散歩しようか。
次に行く頃にはピカソ美術館の改修も終わっているはずだから、ここもはずせない。
f0210127_1742454.jpg

いやいやそれよりも
朝早起きしてパン屋さんに行くのもいい。
ただセーヌ川を眺めているのもいい。
f0210127_17422991.jpg
(2007年秋の画像)

たまにこんな妄想で楽しんでいます。


もしかしてパリじゃなくてもいいのかもしれない。
でも「どこに行きたい?」と聞かれたらもう一回「パリ」と答えるのかな。


f0210127_17411388.jpg


*****
画面右側の「カテゴリー」の欄を整理しました。
これまで日付順に並べていましたが、今回は場所ごとに並べてみました。
日付ごとに見たい時は、下の「タグ」の欄から見られるようになっています。
[PR]
by junnote | 2010-07-09 17:54 | 日本にて

変わるパリ、変わらないパリ。

「Retour a Paris」
f0210127_11363071.jpg

オットがパリで買った、小型のフォトブックです。
今のパリと100年前のパリを同じ場所から撮影したものを並べて掲載しています。

例えば1区「pont-neuf」
4区「hotel de ville」
f0210127_11372046.jpgf0210127_11403149.jpg
変わらない姿。期待通りのパリの姿です。
セーヌ河岸に腰をおろして、いつまでも眺めていたいと思う風景です。

一方で変化したパリも写しています。
14区「Avenue de la Port-Didot」
15区「Parc Georges-Brassens」
f0210127_11425288.jpgf0210127_11374329.jpg
どちらも背景に高層の集合住宅のような建物ができました。

この旅で13区を歩いた時に見た景色がまさに変化したパリの一部だったのでしょうね。
f0210127_11543098.jpg

f0210127_1154486.jpg

観光客(私)が期待するパリとは違う風景。
だからってここを見てがっかりしたというわけでもありません。
人間が作るもので本当に変わらないものなんてない。
ネガティブな気持ちからでなく、自然と思っているからかもしれません。

普段からそう思っていたからこそ、パリの中心部で100年前と変わらない街並みを初めて見た時に
心が強く揺さぶられたのでしょう。

2007年に初めてパリを訪問した時、
空港からのバスに乗って、味気ないような広い道路を走った後、パリ市街へ入った瞬間に目に写った風景。
「なんだこれ?すごい!」胸が高鳴りました。
f0210127_11453163.jpg
(2007年 凱旋門より)


たった2度の旅行のうちに、たぶん私の中では
パリに対する過度の幻想は消え失せてるような気もするのですが
(街並みのことだけじゃなくいろ~んな意味で!)
f0210127_11462374.jpg

それでもまだまだ気は済んでいないのです。
次にパリを訪ねる時はどんな表情を見つける事ができるのか、相変わらずとっても楽しみにしています。


‥本当に楽しめるように、精神力、体力、語学力、いろいろ鍛えなければならない点は多そうです!
f0210127_11464341.jpg
(2006年 エッフェル塔より)
[PR]
by junnote | 2010-07-01 12:04 | 日本にて
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31