Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:2日目13区学校( 1 )

潜入!パリの大学

この日は本当に寒かったのです。
時間がたつごとに気温が下がってきている、と感じながら
B先生との待ち合わせのため、カフェで暖をとっていました。

次の目的地は13区、ヴァル・ドゥ・セーヌ建築学校。
f0210127_17243597.jpg

待ち合わせ時間ほぼぴったりにやってきた、
B先生の買ったばかりという車で学校へ向かいました。

自分だけの旅行だったら絶対に行けない場所です。
これがグループ旅行のおもしろいところだなぁと思いながら
私はおとなしくオマケとしてついていきました。
大学なんて日本にいたって入る機会ないし。
f0210127_17285085.jpg

f0210127_17251544.jpg
煙突‥?
そう、大学は古い工場を再利用して作られています。
右側は新しい建物です。

こちら図書館。
f0210127_17254884.jpg

当然建築関係の本ばかりです。
f0210127_17261160.jpg
国は違えど図書館の空気は同じ。

建築素人の私がわかるのは、
中段、右端の本に小さくある伊東豊雄さん(せんだいメディアテークの設計者)
の名前だけですね~。
f0210127_1728532.jpg


模型がたくさんの部屋もありました。
f0210127_17282492.jpg


お昼の時間にかかっていたので、食堂の外まで行列が。
f0210127_17292026.jpg
大学生、けっこう地味なファッションだなぁ。
みんながみんな、ファッションスナップのようなステキな格好ではないという点、
日本といっしょです。


私たちも、学校近くのB先生行きつけのお店でランチです。

私が食べたサーモンのステーキ。
f0210127_1729567.jpg
親しみやすい味で残さずペロリでした。
(今さらですが、グルメ情報が少ないブログ。)

B先生が一つ一つメニューを説明してくれました。
日本語がペラペラなのです。


自在にフランス語と日本語を行き来するB先生に接して、
今回の旅ほど「中高6年間の英語の授業はなんだったんだ」
と思ったことはありませんでした。

当時の学校の英語教育にも問題点はあると思いますが、
なにより自分の学習態度について
20年後の大反省会中です。

帰国後もラジオ講座での仏語勉強は続行中です。
でも、それ以前に英語なんじゃないか?と迷いが生まれてもいるのです。

ど、同時に2ヶ国語学習。とか‥?

仏語の泉を掘り進めるほど、もともと小さかった英語の泉が枯渇するのを感じている有様なのに。
[PR]
by junnote | 2010-02-22 17:46 | 2日目13区学校
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30