Paris7

paris7.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日本にて( 7 )

最近の様子など(パリじゃなく自分のこと)


パリ訪問の際、ファーマシーで買ったハンドクリームをつい先日使い終えました。
f0210127_17143497.jpg

昨年のパリ訪問から一年が過ぎようとしています。
いい機会なので最近の自分のことをフランス語の勉強という視点でメモしておこうと思います。

ラジオのフランス語講座を聴き始めたのが2007年のことなので、
もう間もなく丸4年聴き続けていたことになります。

が、丸4年というのは実際のところはウソでして、
4月からの新番組に合わせて気持ちも新たに聴き始め、9月にその番組が終わる。
10月からは前年度の再放送なのですが、ここで息切れするというのが毎年のパターンになっています。

今年度もそうなるだろうな‥と思ったらその通り、
11月頃からは年末の忙しさにかまけて、ラジオをつける機会が激減しています。

そうして今そんな自分を振り返っています。
また4月からの新番組でがんばろう‥
じゃなくて、繰り返し学習をめんどうがらずにすることにします。

語学って繰り返しだなぁと痛感しています。
使う機会がなければどんどん忘れてしまうから。

*****

写真は仙台市内にあるカフェで撮ったものです。
f0210127_1715464.jpg

このお店、タイルの床やテーブル同士の間隔が狭かったりするところが
なんとなくパリの庶民的なカフェをイメージさせる雰囲気なのです。

クロワッサンが焼き上がる時間に当たると、店内にバターの香りが広がります。
f0210127_17191494.jpg

ちなみに以前の記事で「冷たいショコラ・ショ―」
という不思議なメニューがあったお店というのが実はここだったのですが、
先日とても久しぶりに訪ねたら、ショコラ・ショ―とアイスココア。2つにわかれていました!
誰かに指摘されたのかな?
(前の記事はこちら → 
[PR]
by junnote | 2011-01-18 17:32 | 日本にて

パリの街路歴史物語

ブログ長いこと放置していました。
たまに見に来てくださった方ありがとうございます。
気にしてはいたのですがネタもなく更新できませんでした
f0210127_17393476.jpg
※オデオンのカフェ

最近は定期的に見に来る方よりは
検索をたどってこちらにやってくる「一見さん」が多いようですが(アクセス解析の情報です)

というわけで、突然ですがここでクイズ~024.gif
このブログにやってくる方が検索した単語で、一番多いのはなんでしょうか?

‥‥

‥‥

ヒント ↓
f0210127_17352776.jpg

はい、正解は
「スキポール空港」です。
ガーン!!パリ旅行記なのに。

実は全体の2割くらいはこれです。「KLM(オランダ航空)」なども加えるともっと多いです。

そっか~、だったらもっとスキポール空港の情報を詳細に記すべきだったかしら?
と素直に考えてしまいました。

次点は2010年タイムリーだった「オルセー美術館改装」
意外なところで多かったのは「ベルフォールのライオン」でしょうか。
記事に出てくるのはベルフォールのライオンの「レプリカ」なので、
期待通りの検索結果は得られなかっただろうと余計な心配をしておりました。

*****

さて、我が家の久しぶりに心躍るパリ情報。
本を買いました。旅行ネタではありませんが
f0210127_17371942.jpg

「図説 パリの街路物語」
上下巻たっぷり分厚い2冊をどーんと大人買いです。

以前も書きましたが、パリの街の通りには小さな通りにもすべて名前がついています。
f0210127_17384311.jpg
※セーヌ通り界隈

そんな通りに隠された物語が書かれた本です。
さすがにすべての通りを網羅しているわけではないようですが、
地図を傍らに置いて、場所を確認しながら読んでいく予定です。
区ごとにまとめられているので、最初から読むのもよし、
実際に歩いたことのある通りを探しながら読んでいくのも楽しそうです。
f0210127_17391181.jpg
※モンマルトル界隈
[PR]
by junnote | 2010-12-13 17:50 | 日本にて

パリに行ったら。

次にパリに行ったら何をしようかな?
f0210127_17414494.jpg

まずはエッフェル塔にごあいさつ。
それから今度こそはサンマルタン運河を散歩しようか。
次に行く頃にはピカソ美術館の改修も終わっているはずだから、ここもはずせない。
f0210127_1742454.jpg

いやいやそれよりも
朝早起きしてパン屋さんに行くのもいい。
ただセーヌ川を眺めているのもいい。
f0210127_17422991.jpg
(2007年秋の画像)

たまにこんな妄想で楽しんでいます。


もしかしてパリじゃなくてもいいのかもしれない。
でも「どこに行きたい?」と聞かれたらもう一回「パリ」と答えるのかな。


f0210127_17411388.jpg


*****
画面右側の「カテゴリー」の欄を整理しました。
これまで日付順に並べていましたが、今回は場所ごとに並べてみました。
日付ごとに見たい時は、下の「タグ」の欄から見られるようになっています。
[PR]
by junnote | 2010-07-09 17:54 | 日本にて

変わるパリ、変わらないパリ。

「Retour a Paris」
f0210127_11363071.jpg

オットがパリで買った、小型のフォトブックです。
今のパリと100年前のパリを同じ場所から撮影したものを並べて掲載しています。

例えば1区「pont-neuf」
4区「hotel de ville」
f0210127_11372046.jpgf0210127_11403149.jpg
変わらない姿。期待通りのパリの姿です。
セーヌ河岸に腰をおろして、いつまでも眺めていたいと思う風景です。

一方で変化したパリも写しています。
14区「Avenue de la Port-Didot」
15区「Parc Georges-Brassens」
f0210127_11425288.jpgf0210127_11374329.jpg
どちらも背景に高層の集合住宅のような建物ができました。

この旅で13区を歩いた時に見た景色がまさに変化したパリの一部だったのでしょうね。
f0210127_11543098.jpg

f0210127_1154486.jpg

観光客(私)が期待するパリとは違う風景。
だからってここを見てがっかりしたというわけでもありません。
人間が作るもので本当に変わらないものなんてない。
ネガティブな気持ちからでなく、自然と思っているからかもしれません。

普段からそう思っていたからこそ、パリの中心部で100年前と変わらない街並みを初めて見た時に
心が強く揺さぶられたのでしょう。

2007年に初めてパリを訪問した時、
空港からのバスに乗って、味気ないような広い道路を走った後、パリ市街へ入った瞬間に目に写った風景。
「なんだこれ?すごい!」胸が高鳴りました。
f0210127_11453163.jpg
(2007年 凱旋門より)


たった2度の旅行のうちに、たぶん私の中では
パリに対する過度の幻想は消え失せてるような気もするのですが
(街並みのことだけじゃなくいろ~んな意味で!)
f0210127_11462374.jpg

それでもまだまだ気は済んでいないのです。
次にパリを訪ねる時はどんな表情を見つける事ができるのか、相変わらずとっても楽しみにしています。


‥本当に楽しめるように、精神力、体力、語学力、いろいろ鍛えなければならない点は多そうです!
f0210127_11464341.jpg
(2006年 エッフェル塔より)
[PR]
by junnote | 2010-07-01 12:04 | 日本にて

PARIS JE T'AIME(今さらですが、いい映画ですね)

先日実家に行った時、実家に置いたままだったある映画のパンフレットを持ってきました。
それがこれ。
「PARIS JE T’AIME」

f0210127_14231598.jpg

仙台で上映されたのは2007年春のことでした。
私より一足先にパリ旅行をして、すっかり夢中のオットに勧められて、
二人で見に行ったと記憶しています。
そうだった。その頃の私はあまり海外旅行に興味はなかったのでした。

映画は18人の監督による、パリを舞台にした約5分ずつのショートストーリーからなる短編集です。

まだパリに行ったことのない私が見てもじんとくる映画でした。

それぞれは関連のない18話なのですが、
パリで今生きている(観光客も含めて)人たちの息遣いが描かれたストーリーは
自然に最終話「14区」の主人公のモノローグへつながるような気がしました。

そうね。わかる、わかるよキャロル‥(←最終話の主人公。ひとりで憧れのパリにやってきたアメリカ人のおばちゃん)
f0210127_1426122.jpg
※パンフレットより。「14区」の主人公キャロル

なんでだかキャロルがパリの公園で一人体験したあの感覚に強く共感して、
映画館で幸福な気分で涙を流したのを思い出します。


そんな私もすっかりパリのとりこになり、
「あーここも行ったなー」などと、知ったような風で今パンフレットを眺めています。
人に向かっては言わないけど。しょせん知ったかぶりだから044.gif
ブログに書くのは、許してください‥


映画の舞台になって、この旅行記でも出てきたのは、
タイトルにもなっていてわかりやすいところで「ヴィクトワ―ル広場」です。
(記事はこちら → 
f0210127_14283553.jpg

「マレ地区」で彼が走り抜ける広場はヴォージュ広場だし。
(記事はこちら → 
f0210127_14292095.jpg


もう一度通して映画を見たくなりました。なんだかきっと新しい発見がありそう。

主題歌もとても好きです。
「La meme histoire」


[PR]
by junnote | 2010-06-18 14:54 | 日本にて

La maison Kayser(メゾン・カイザー)のパン

先日、三越のメゾン・カイザーでパンを買いました。
f0210127_16411993.jpg


「仙台に おいしいパン屋は 数あれど ここが一番 好みの見た目」
 ↑
偶然途中まで「5・7・5」になってたので、無理やり下の句も「7・7」でまとめてみました。027.gif
(ヒマなの?私)

ま、ま、私が知っている仙台市内のパン屋さんなんて、ほ~んの一部なので、
「一番」と言い切ってしまうのもちょっと大げさですね。
でも見た目から「すごくおいしそう!!好み!」と思うのは本当です。
三越店ではガラスケースに入っているのを店員さんに注文してとってもらうスタイルなのですが、
どれにしようかと眺めている間も自然と笑みがこぼれます。

表面がぱりっとしてて中がしっとりとしてほんのり甘い。
そんな、今回買った写真のタイプのものがもっともそそられますが、
大きいクロワッサンや(ここのは本当に大きい!)
パン・オ・ショコラなどのバターたっぷりなのもたまに食べたくなります。


パリ及び近郊の店舗はこちら → 
(トップページから「OU NOUS TROUVER?」に入って「FRANCE」をクリック)

パリ市内だけでも10店舗以上あるようですね。
旅行中に私が見かけたのは13区のお店だけでした。
走る車の中から「あー、メゾン・カイザーだー」と通過したのでした。

不鮮明ですがオレンジ色の看板のお店です。
f0210127_16475346.jpg
これがブログ記事になるとは思ってもいなかった、オットが車内から撮影。

鮮明な画像も見つけました。
f0210127_1831462.jpg
そうそう、ランチをとったお店はここのすぐお隣だったのです。

参考までに。その日の記事はこちら → 
[PR]
by junnote | 2010-06-04 16:59 | 日本にて

アイスココアって?

f0210127_1815955.jpg
とあるカフェでアイスココアを飲んでいたら思い出しました。

以前、仙台市内のとあるお店でメニューにあった「ショコラ・ショ―」をたのんだら、
(写真のカフェとは別のお店です)

「温かいのと冷たいのがございますが」
と店員さんに言われたことがあります。

「えっ?」
私すごくびっくりした顔をしてしまったと思います。

ショー(熱い)を選びました。

そういえば解決していません。
冷たいショコラドリンクを頼む時、フランス語でなんていうんだろう。
「アイスココア」でいいのかな‥?
そういう飲み物がそもそも存在しないってこともあるんだろうか。



(訪問者が少ないことをいいことに、つぶやきみたいな更新になってしまいました。
ぶつぶつ‥)

[PR]
by junnote | 2010-05-27 18:28 | 日本にて
line

一週間の旅行記。2010年1月24日~31日パリを旅しました。メトロと徒歩で、パリの街を縦横無尽!   現在は遠くにあってパリを思う日々をたまに更新中。


by junnote
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31